歯のクリーニングは重要なのか?

こんにちは!ゆりです。

誰でも毎日歯は磨くと思いますが、定期的にクリーニングしている人はあまりいません。

歯磨きである程度の汚れは落ちるので、それで大丈夫って思っている人が多いのとそこまで浸透してないからです。

歯のクリーニングはそこまで重要だと感じていない人が多いと思いますが、実はとても大事なんです。

そもそも歯のクリーニングというのは、歯に付着している歯垢や歯石、着色汚れなどを専用の機械を使って取り除く行為の事を言います。

歯に付着してしまった歯垢や歯石は普段の歯磨きで落とすことはできません。なので、クリーニングをする必要があるのです。

歯のクリーニングが重要視されている理由は、歯垢や歯石をそのままにしておくと歯周病や虫歯の原因になる菌やカビが増殖してしまうからです。

また、歯を溶かしてしまう酸や歯肉等に炎症を起こしてしまう物質がどんどん生成されてしまうので、歯が脱灰して歯肉も腫れてしまいます。

これらの細菌が歯の内部や歯肉の奥に侵入してしまうことで歯周病や虫歯になってしまうのです。

歯垢や歯肉を放置しているだけでこれだけの悪影響が起こってしまうので、歯のクリーニングはとても大事なのです。

歯の健康に関して日本は海外よりも遅れています。

アメリカでは歯並びが悪かったり黄ばんでいるような歯は不健康、不潔といった印象を与えてしまいます。

その為、ホワイトニング、矯正などの施設の利用が一般的です。

日本では簡単に手に入れることができないホワイトニング剤ですが海外では薬局で市販されていたりもします。

アメリカでは歯科治療に保険が適用されないので、高額な費用を払うことになるのですが、それでも歯の健康は日本以上に敏感なのです。

そんな歯のクリーニングの重要性に関して海外と日本の違いも含めて役に立つサイトがあったので紹介します。

歯に関するあらゆる情報が載っているので、是非読んでみてください!