歯周病とは何か、原因は?

こんにちはゆりです。

 

歯周病という病気は聞いたことある人は多いと思います。

 

漠然とこんな病気っていうことは知っていてもちゃんとした知識を知っている人は多くはないかもしれません。

 

そもそも歯周病というのは、細菌の感染で起こされる炎症性疾患の事を言います。

 

歯と歯肉の境目の清掃ができていないと、そこには多くの細菌が停滞します。

 

細菌が停滞することで近緑が炎症をして赤くなったり腫れたりします。

 

そして、進行してしまうと歯周ポケットと言われる歯と歯肉の境目が深くなってしまい、歯を支える土台が溶けてしまいます。

 

歯が支えられなくなってしまうと最後は抜歯をしないといけなくなってしまうのです。

 

これが歯周病と言われる病気です。

 

普段のブラッシングが行き届いていなかったり、砂糖を過剰に摂取することで細菌がネバネバした物質を作り出して、歯の表面にくっつきます。

 

この物質を歯垢(プラーク)と言います。

 

プラークはうがいをしただけでは落ちません。

 

歯周病を自分でケアする方法はプラークコントロールをすることです。

 

プラークコントロールの基本は毎日行う歯磨きです。

 

歯ブラシはエンピツ持ちで磨く時は一本ずつ丁寧に磨くようにしましょう。

 

ただし、力を入れすぎると歯茎が削れてしまうので優しくやるのがコツです。

 

歯間ブラシなどを使って落ちにくい歯と歯の間を磨くのも有効です。

 

すでに進行してしまっている歯周病の場合は、治療をする必要があります。

 

基本的には歯垢の除去と歯石除去、歯の根の面の滑択化、グラグラしている歯の咬み合わせの調整などを行います。

 

すでに減ってしまった歯茎はもとには戻せないので、これ以上進行させないようにすることが大事です。