親知らずは抜くべきなのか、抜歯の際の痛みは?

こんにちは!ゆりです。

 

歯科医院に行った時、「親知らずがありますね」と言われることがありますよね。

 

例えば、歯並びが悪くて矯正歯科に通っている場合、親知らずが邪魔で上手く歯が動かない可能性がありますって言われたり。

 

そんな時、親知らずは抜いた方が良いのか、そのままでも良いのかって考え込んでしまうと思います。

 

親知らずは残しておくと痛みをともなったり幹部が腫れてしまったりしまったりすることもあります。

 

しかし、親知らずは決して全て抜いた方が良いというわけではありません。

 

ケースバイケースで抜かなくても良いこともあります。

 

親知らずは残しておくことで役立つこともあります。

 

それは、

 

・歯を抜歯することになった時、親知らずを移植できる

・手前の歯が抜歯となった時、親知らずを支えにしてブリッジを入れられる

・手前の歯が抜歯となった時、矯正で親知らずを移動させることができる

 

親知らずも歯なので、正常に機能している歯がダメになった時にはその代わりと使用することができるので、必ず抜かないといけないといわけではいのです。

 

ただし、抜かないといけない場合もあります。

 

・となりの歯を虫歯にしてしまう可能性がある

・虫歯になって痛む

・歯茎が腫れて痛む

・親知らずが生えかけていて痛む

・矯正する上で邪魔になる

 

上記の場合は、親知らずは抜いてしまった方がその他の健康な歯を守ることができます。

 

抜くか抜かないかは歯科医師と相談すると良いでしょう。

 

親知らずのもう一つの疑問点として、抜歯の際に痛みがあると感じている人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際には麻酔をしてから抜くことになるので痛みを感じることはほぼありません。ただ抜歯している感覚はあります。

 

歯科医院によっては麻酔の際の痛みさえも感じないように配慮してくれるところもあるので、安心して受けることができます。

 

ただし、麻酔が切れてからの痛みは感じます。

 

傷口が痛むのは仕方がないですが、痛みを感じる前に痛み止めなどを飲んでおくことである程度は抑えることができるのでおすすめです。